【志芸の会】は大蔵流 狂言方「善竹忠重」が主宰する狂言方の集まりで、各地で狂言の普及・公演活動を行っています。
東京はハレました!
  忠重先生が約20年ぶりに勤められた「釣狐」・・東京公演はおかげさまで無事終了致しました。
私は幕内から拝見させて頂くことができたのですが・・当然のことですが、「やっぱりすごい」が心の中で連続しまくってました。あの動き、あの間、あの謡い・・未熟な私にでもその凄さがびんびんと伝わってきました。秘奥の曲・・狐が畏れを纏って現われました。ご来場いただいた皆様も同じ思いだと思いますが、この瞬間にこの場にいれたことが幸せでした・・・。
 また心配された天気も前日までに降りきり、当日はすっかり晴れて、安心してお装束を運ぶことができました。これもひとえに、呼びかけに応えて、晴れ男・晴れ女が大集合してくださったおかげです(笑)。当日はなんと関西から駆けつけてくださったお客様も。志芸の会は皆様あっての会であるということを一同、あらためて実感いたしました。本当にありがとうございました。心より、御礼申し上げます。そしてこれからもよろしくお願い致します(牟田)
志芸の会 comments(2)
Comment








 お疲れさまでした。

 また忠重さんの釣狐観たいですね。


 牟田さんも頑張って下さい!
from. 羽 | 2011/05/19 16:52 |
羽様、ありがとうございます。
はい、忠重先生の釣狐を私もまた見たいです!
from. 牟田 | 2011/05/23 00:01 |
<< NEW | TOP | OLD>>